ドミニク カルドン氏講演「紫染と薬用としての世界のムラサキ科植物」

6月17日、北海道医療大学市民公開講座 第31回薬草園を見る会にて、

特別講演があります。(通訳:アリアンス フランセーズ札幌)

Dr.Dominique Cardon(フランス国立科学研究センター名誉研究ディレクター)の

著書「Natural Dyes」は、世界の天然染料の現場を取材した膨大な資料と専門家達のネットワークによる豊富な写真とデータで構成されています。

NPOアースネットワークとしては、日本で3回目の彼女との共同です。

紫根染を中心に、生薬室に染色資料、植物顔料資料等を展示します。

学会や研究会、生涯学習講座のときしか一般公開していない資料室です。

薬草園職員によるキハダの間伐と黄檗剥ぎの見学、北方系の植物の観察園見学が出来ます。

温室には、インドアイ、リュウキュウアイ、アイカズラ、薬草園にはタデアイが育っています。

是非、お越しください。

31st_yakusoen_seminar_2017_0617

31st_yakusoen_seminar_2017_0617_english