保全と栽培|アーカイブス

インドアカネ

インドアカネ Munjeet   Rubia Cordiforia L.(アカネ科)他 インドのヒマラヤ地区に自生していたアカネ科染料植物は、3種類だった。花はオレンジ色と濃いピンク色のがあった。栽培が始まったところであ…

続きを読む

2017/1/10

EarthNetwork

ホソバタイセイ(ウォード)

ホソバタイセイ細葉大青、ウォード Isatis tinctoria L.(アブラナ科)   種蒔、越年草、秋に発芽して冬を越し、春に茎を伸ばし花をつけ結実する。左:春先のウォード。 生葉を潰して手の平大のボール状にして発…

続きを読む

2017/1/10

EarthNetwork

リュウキュウアイ

リュウキュウアイ Strobilanthes cusia (Nees) Imaly 挿し木栽培 日本名:琉球藍、日本ではすくも藍ではなく、生葉を水に浸け、藍成分を抽出ー酸化ー沈澱させる沈澱藍にする。主に沖縄県国頭郡本部町…

続きを読む

2017/1/10

EarthNetwork

クサギ

ニホンアカネと臭木は同じ環境に自生していることが多く、 沢に近い林の南側の陽当たりの良い崖で両者を見つけることができます。 時には山藍も見つけることができます。 京都の武田薬品の薬草園の山、福山市の新市、山口県岩国市由宇…

続きを読む

2017/1/7

EarthNetwork

2017年謹賀新年

今年もよろしくお願いいたします。 染料植物の栽培〜染料化、染色技術の研究開発、藍はじめ顔料の製造と利用方法の研究に重点をおきます。  

続きを読む

2017/1/6

EarthNetwork

クルミの果皮の染料つくり

夏にカシクルミの木から落ちた緑色の実の皮を染料にする工程 8月の未熟なクルミ(撮影:北海道美唄市) 落ちた実を土に埋める 2~3週間で茶色になるので、流水で洗って、中の種を外す 外した果皮を乾燥させ、染料にする 羊毛を鉄…

続きを読む

2016/9/8

EarthNetwork