黃|アーカイブス

染料で違うpH

天然染料それぞれでpHが違う 今回はタンニン系染料、染料1:水50で、1時間抽出したpH、 媒染液より、酸性のものもあるので、そのままだと堅牢度に影響する場合がある。 今年のワークショップは、いろいろな染料、繊維、媒染を…

続きを読む

2016/2/4

EarthNetwork

2016 謹賀新年

2016年は染料植物の栽培に重点 リュウキュウアイとタデアイ、ムラサキの栽培は順調に増えています。 リュウキュウアイは染料用の沈殿藍、タデアイからは藍顔料を作り、色挿しや絵画、書に使っています。ムラサキの根の紫根は、生根…

続きを読む

2016/1/2

EarthNetwork

間伐するキハダの樹皮を剥いて亜麻布を染める

6/13 北海道医療大学当別学講座 会場:北方系伝統薬物研究センター 毎年6月は観察園のシコロ(キハダ)を間伐して、樹皮を剥ぎ、乾燥させて生薬見本を作ります。 今回は、剥いだ生のまま色素抽出、亜麻を木版染めします。 薬草…

続きを読む

2015/6/3

EarthNetwork

第1回例会とオープニングパーティ

1月の例会は145色の染絹布の色と技法 氏田さんの145の色と素材と技法について、お話しいただきました。   壁は南仏のオークル、2階には中東の絨毯が展示されています。 145枚の生絹を染めた材料です。

続きを読む

2015/1/11

EarthNetwork

謹賀新年2015

今年もよろしくお願いいたします。まずは1月例会のご案内 ⚪︎2015年度事業計画 天然染料や顔料、繊維、それらを用いる技法の可能性、潜在性を考える1年として、月例会を開催する。 染料植物の栽培~染料製造~染色方法の技術の…

続きを読む

2015/1/1

EarthNetwork

2014年天然染料顔料会議第11回大会 in 奈良の様子

100色に染められた絹と麻、綿 奈良の秋を楽しみながらの天然染料と顔料、繊維についての研究発表と染色布の展示と解説 橿原考古学研究所 奥山研究員の研究発表でスタート 会場を彩った右:アースネットワーク 氏田眞弓制作100…

続きを読む

2014/11/29

EarthNetwork