Hannele Köngäs ハンネル コンガス|メンバーズギャラリー

Hannele Köngäs, cochineal and madder dye, ハンネル コンガス 、コチニールとムツバアカネ染

コチニールカイガラムシとムツバアカネ染スカーフ

With cochineal and madder dyed scarves

Hannele Köngäs, instagram

  • EarthNetwork

Hannele Köngäs, With woad dyed scarves, ハンネル コンガス 、ウォード染スカーフ

ウォード染スカーフ With woad dyed scarves

Hannele Köngäs, instagram

  • EarthNetwork

Hannele Köngäs, The production of shawls, ハンネル コンガス 、ショールの制作

経糸は長く、手織りした素材は織りの後に染めます。

The warps are long, the hand wovenmaterial is dyed first after weaving

Hannele Köngäs, instagram

  • EarthNetwork

ハンネル コンガス Hannele Köngäs, Finnish sheep, フィンランド種羊

品種はカイヌーグレーと呼ばれています。 それらは黒として生まれ、最初の毛の刈り込みの後、色は明るい灰色または暗い灰色に変わります。

the breed is called Kainuu grey. They born as black and after the first shearing the colour changes to light or dark grey.

Hannele Köngäs, instagram

  • EarthNetwork

Hannele Köngäs “Production scenery” ハンネル コンガス 「制作風景」 

Hannele Köngäs

  • EarthNetwork

Hannele Köngäs,”Shawl with handwoven Finnish wool”, ハンネル コンガス 「フィンランド原毛の手織ショール」

Hannele Köngäs

フィンシープ糸をウォード建液で染め、手織りしたショール

  • EarthNetwork

Hannele Köngäs, “woad in the garden, Finland”、ハンネル コンガス 「庭のウォード、フィンランド」」

初夏のウォード

Hannele Köngäs

  • EarthNetwork

Hannele Köngäs” the process of dyeing”, ハンネル コンガス 「染色工程」

庭で育てたウォードの葉やウォードボールを使い、いくつかの方法で染めたり、他の植物を染め重ねる。

Woad leaves and woad balls grown in the garden are dyed in several ways or over-dyed with other plant dyes.

  • EarthNetwork

Hannele Köngäs,”Wool shawl dyed with fermentation dye” ハンネル コンガス 「発酵染フィンランド羊毛手織ショール」

Waveweaver’s Wool

  • EarthNetwork

Hannele Köngäs”Wool Shawl, handwoven of Finnish wool” ハンネル コンガス 「ウールショール、フィンランド羊毛の手織」

Waveweaver’s Wool

  • EarthNetwork