サフランの雌しべで黄色〜橙色、媒染を重ねて山吹色〜黄金色

今年は黄色染料をいくつか染めています。夏のワークショップでは、エンジュで絹をオリーブグリーンに染めました。今回はヨーロッパで愛されたサフランで多様な黄色〜黄金色に染めました。

常温で、雌しべが白っぽくなるまで抽出できます。

無媒染、アルミと鉄媒染それぞれを使い、重ねて染める。

わずかな雌しべで、堅牢度の高い黄色〜橙色〜山吹色〜黄金色が染まりました。

染色温度は40度〜60度。

栽培したサフランの花びらで常温染色する

 

花びらは摘んだ順にクエン酸溶液に浸けて、色素を抽出する。

すべての花びらの抽出が終わったら、色が抜けた花びらを取り出し、絹布を浸けて常温で染める。

葉が出て来た球根は土に戻して、栄養を補給しながら春を待つ。