2020年レポート オンラインで開催した天然染料ワークショップ

2020年はコロナウィルス 感染拡大の影響で、国内外から参加予定だった講師や参加者達が日本、札幌の会場に来ることが出来なくなったため、オンラインで開催致しました。

工房や畑で、染料植物の栽培と収穫、工房の中と庭で準備を行い、ワークショップの実技を実時間で撮影、日時を映像に自動表記して、各工程に必要な時間が分かるようにしました。

オンライン天然染料ワークショップのダイジェスト

C1 藍発酵建2種類の仕込み〜pHや温度計測、発酵の維持の方法、対処、すくもと沈澱藍の比較、

C2 藍型染、C3型染〜引き染め、C4木版と更紗染、

C5日本茜染(収穫ー抽出ー染色)、C6沈澱藍と藍顔料製造と保存、C7紫根染、

それぞれの材料や技法の違いなど、関連テキストを添付、修了後に、それぞれのコース毎に映像とテキストをDVDに保存し、参加者に配布しました。