2017 1月

すくも藍と沈澱藍

含藍植物から作る染料の形態には、すくも藍と沈澱藍があり、すくも藍は、主に温帯地域で、沈澱藍は亜熱帯から熱帯地域で作られる。   △すくも藍 日本ではタデアイの生葉を短時間で乾燥させ、その乾燥葉に水分を加え、よく…

続きを読む

2017/1/13

EarthNetwork

ムラサキ 紫草

ムラサキ Lithospermum erythrorhizon Siebolt et Zuccarini 1年目の花 薬草園のムラサキと掘り出した1年根

続きを読む

2017/1/10

EarthNetwork

ムツバアカネ(セイヨウアカネ)

ムツバアカネ Madder、Rubia tinctorum L. 2〜3年根を使う。生根も乾燥根も使える 種の発芽率が高い

続きを読む

2017/1/10

EarthNetwork

インドアカネ

インドアカネ Munjeet   Rubia Cordiforia L.(アカネ科)他 インドのヒマラヤ地区に自生していたアカネ科染料植物は、3種類だった。花はオレンジ色と濃いピンク色のがあった。栽培が始まったところであ…

続きを読む

2017/1/10

EarthNetwork

ニホンアカネ

ニホンアカネ Rubia akane Nakai(アカネ科)   晩秋に収穫した実をそのまま蒔くか、梅雨時に挿し木で増やす。2年目で結実する。 掘り出した根は、乾かないように発色させて、抽出する。乾燥根を使用すると赤色が…

続きを読む

2017/1/10

EarthNetwork

アイカズラ(ソメモノカズラ)

アイカズラ Marsdenia tinctoria R. Br. var. tomentosa Masam.(キョウチクトウ科、旧ガガイモ科) 沖縄県に自生、蔓性の藍植物、生葉染、沈澱藍を作ることができる。 リュウキュウ…

続きを読む

2017/1/10

EarthNetwork